正念場迎えるソーシャルゲーム

当局がグリーに重大な関心 正念場迎えるソーシャルゲーム|inside Enterprise|ダイヤモンド・オンライン.

 

個人的には、「ここまであこぎな商売は、警察官僚の天下りでも受けない限り継続しないだろう」って思ってました。

 

仮に、「遊技」というレベルまで制限をつけるのなら、こんなことが必要になります。

  1. ランダム性がある課金アイテムは、あらかじめ正確なアイテムの出現率を明示すること。
  2. アイテムの出現率はプレイヤーによって変更してはいけない。
  3. もちろん、嘘の表示をしてはいけない。

 

もっと単純にするなら、こんな規制もあります。

  1. アイテムの購入は遊技時間1分間に300円以上使えてはいけない。
  2. ここでの1分間とは、遊技者が画面を見て操作している時間を指し、実時間は関係ない。最低でも10秒に1回、6回の操作を必要とする。
  3. これらの操作を自動化してはいけない。

これだと、1分間400円のパチンコとだいたい同等のペースでしかお金を使えなくなります。

 

あとは未成年者に対する規制とかあっても無駄です。
大人の名義で携帯電話を持つ子供が出てくるだけです。

もちろん、携帯電話会社には、自分名義の携帯電話を子供に持たせた場合、
ソーシャルゲームで大量のお金を使われる危険性について、
指摘してやる義務なんかないです。

ソーシャルゲームの会社だって、本人の確認で虚偽情報を入れることを禁止してるわけですから、「規約で禁止している、虚偽情報に騙されました。課金は課金としてもらいますが、アカウントは停止します」で良いわけです。

 

また、一つのアカウントで使える金額を制限しても無駄です。
複数のアカウントを作って「くじ」を引き、アイテムの受け渡しをするだけですから。

 

広告
投稿者: hideomochizuki カテゴリー: netgams

正念場迎えるソーシャルゲーム」への1件のコメント

  1. もちろん、携帯電話会社には、自分名義の携帯電話を子供に持たせた場合、
    ソーシャルゲームで大量のお金を使われる危険性について、
    指摘してやる義務なんかないです。

    ソーシャルゲーム会社も「仮想通貨使いすぎてます」って指摘してやる義務がないですw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中