「先手必勝」の男女が世知辛い結婚を制する時代に出遅れたときの対処方法

 

「先手必勝」の男女が世知辛い結婚を制する? 厚労省調査でわかった身もフタもない“幸せの方程式”|「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?|ダイヤモンド・オンライン.

 

出遅れた場合の対処です。

男性の場合、対処方法は簡単。
「自分ひとりで人生を生きる覚悟を決めて、すべての準備を一人でやる。」です。

  • 就業継続率が高い女性を選ぶ理由は、失業したときに収入がなくなることを防ぐことなので、不労収入で生きていられるようにする。
  • 子供は贅沢品とあきらめる。その代わり、老後の面倒を見てもらうための貯金はしておく。
  • あとは孤独死しないように気をつける。友達を作っておくことが大切。

 

女性の場合は基本的に男性と同じですが、ちょっと困難です。理由は、男性に比べて収入が低いことが多いからです。不労所得を得るには元手が必要です。

ただし、女性ならではの対処方法があります。

  • とにかく子供を作る。そして母子家庭として生活保護をもらう。
    この方法の弱点は、子供が不幸になる可能性が高いことですが、それを気にしないのなら成立します。
  • 騙せるうちに何とかして男を捕まえてパラサイトする。
  • 上2つを複合して、「でき婚をして、速攻離婚。慰謝料と養育費と生活保護をせしめる」という手もあります。

 

何にしても、18歳で勝負が決まるので、そこで勝てるように頑張るしかないですね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中