話題の「コンプガチャ」と次の仕組み予想

話題の「コンプガチャ」についていまさら聞けない人のためのやさしい解説 – ガジェット通信.

 

この解説が良くまとまっている。

 

ソーシャルゲームというのは、心理学的な隙をついて課金させるための仕組みに満ちた存在だから、研究対象として面白いし、ソーシャルゲームの運営は「技術さえあればどこでも出来る」という強みがある。

 

既存かもしれないけど、次の仕組みを予想してみました。

  1. ガーディアンボット
    PC対PCのバトルでカードを奪える可能性があるゲームの場合、
    カードが集まりそうになると襲ってくるPCに見せかけたNPC。
    ボットなのでメールを送ったりしても無駄。
  2. ランキングボット
    ランキング報酬と、ランキング順位調整ボットの組み合わせ。(もう少しで・・・・)を利用。
  3. カード役機能
    例えば「TOKIOの5人組分カードが揃っている時にだけ発動する友情パワー」みたいな能力。コンプガチャとの違いは新たなカードが発生しないこと。
広告
投稿者: hideomochizuki カテゴリー: blogs, netgams

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中