読み書きソロバンの意味

江戸時代以来、身に付けるべき能力は「読み・書き・そろばん」だと言われてきた。近い将来、「読み・書き・プログラミング」という日が訪れるかもしれない。

引用元: 記者の眼 – 「読み・書き・プログラミング」の時代が来る?:ITpro.

多分来ないです。本質的に同じ事を言っているから。

 

仕事のフレームワークはこうなっています。

  1. 読むことで知識をインプットして
  2. なんらかの処理をして、
  3. 書くことで結果をアウトプットする

 

単純にソロバンが当時のコンピュータだったからソロバンという名前になっていたのだけど、
実際のところは仕事をすることです。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中