さかもと未明、男がキチンとした店選ばぬなら女はデート切り上げよと提案

女性が自分の価値を上げるにはどうすればよいか。漫画家・さかもと未明氏は新刊『助詞のお値段』(小学館)の中で、そうした「女子の心得」のひとつとして「都合の悪い女になる」ことを挙げている。

* * *

男性にとって都合の悪い女子であることは、しばしば大切です。いつでも呼び出せる女子、どんな店でも文句を言わない女子は、男性にとっては楽です。それなりにモテたりしますが、男性はそういう女子のために頑張ろうとか結婚しようとは決して思いません。

高飛車である必要はありませんが、男性が自分のためにちゃんとしたお店を考えてくれないのなら、デートを途中で切り上げる勇気を持ちましょう。男性がその後態度を改めてくれるのなら、お付き合いを続ければいいですし、そうでなければ縁がなかったのです。

高いお店である必要はまったくありません。二人で楽しむために、誠意をこめて選んでくれたデートコースであるかどうか。そこに思いやりがあるかどうかです。男性のお給料では払えないお店に行きたがる女性は、品がありません。借金をしてまで見栄を張る男性も論外です。そんな間違いを犯してはいけませんが、いつでも安い店に呼び出される女性にだけは、ならないようにいたしましょう。

※さかもと未明/著『女子のお値段』より

引用元: NEWSポストセブン|男がキチンとした店選ばぬなら女はデート切り上げよと提案.

 

こうして、結婚への障害を積み上げた結果、生涯未婚になってしまうんですね。わかります。

わかりやすく結婚すべきではない女性を仕分ける事が出来るので、是非そうして欲しいものです。
文句が多くて、思いやりが通じない相手と結婚しても不幸なだけじゃない?

 

広告
投稿者: hideomochizuki カテゴリー: blogs

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中