芦屋広太一つ上のヒューマンマネジメント – 評価を高める仕事術(26)話が伝わる人の頭にある「七つの視点…:ITpro

「話が伝わる頭にする」ためには以下のような七つの視点が重要であることも説明した。

七つの視点 説明

1 相手にフォーカスする 誰に対する説明かを強く意識する

2 目的にフォーカスする 何を実現するための説明かを強く意識する

3 伝えたいことを絞る 伝えたいことの根本をよく考えぬき、それ以外は捨てる

4 伝えたいことを先頭にする 伝えたいことは、一番最初に説明する

5 論点と補足情報を分離する 言いたいこと、議論したいことなどテーマを分かりやすく説明し、それ以外の補足は、必要に応じて説明する

6 一つの説明内容には複数のことを盛り込まない 一つの説明の中で伝えたいことは一つに絞る

7 関係無いことは言わない 無駄な話は、論点がぶれるので捨てる

今回はこの続きとして、話が伝わる人の頭にある「七つの視点」を具体的に説明する。

引用元: 芦屋広太一つ上のヒューマンマネジメント – 評価を高める仕事術(26)話が伝わる人の頭にある「七つの視点…:ITpro.

 

なるほど。

これはチェックリストにして、机の上に貼っておく事かな?

すぐにやろう。

 

広告
投稿者: hideomochizuki カテゴリー: blogs

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中