社員を全員「ノマドワーカー」にした会社

社員も意識改革を求められる。ノマドワーキングは、社員に大きな自由度を与える半面、同等の責任も移譲することになる。それは、個々に強い自己管理能力が求められるということに他ならない。

例えば開発プロジェクトの期日として7日間与えられた場合。仕事と休暇のバランスは、各人に委ねられる。メリハリをつけられる社員ならば充実した時間を過ごしながら結果も残せるが、管理能力が欠けた社員の場合、休暇もとれず、結果も出ないといった事態を招きかねない。

「主体的に仕事に取り組み、自己管理能力が高い社員でなければ、ノマドワーキングは難しい」と高柳社長は見る。とはいえ、意欲のある社員にとっては通勤の必要ない働き方は魅力的な環境であるのは間違いない。将来的には、全世界に散る社員が、自律分散的に開発プロジェクトに関われるような職場を構築したいと高柳社長は言う。

引用元: 社員を全員「ノマドワーカー」にした会社:日経ビジネスオンライン.

 

とても面白い考え方だと思う。

会社にはノマドワーカーを管理して評価するための仕組みが求められるし、社員には主体性と自己管理能力を求められる。

 

 

広告
投稿者: hideomochizuki カテゴリー: blogs

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中